脂肪冷却 | 〜驚きのメカニズム〜

脂肪冷却 | 〜驚きのメカニズム〜

以前の記事では、

”脂肪冷却とは、脂肪を冷却することで、新陳代謝を促し、脂肪を体外に排出して痩せる”

 

と解説しましたが、

実際にどのようなメカニズムが働き、痩身効果を実現しているのでしょうか?

ここでは、脂肪冷却の詳しい効果とメカニズムについて解説していきます。

※以前の記事 : ”脂肪冷却とは?〜大きな7つの効果とメリット〜”

 脂肪冷却のメカニズム

前提として、人間の細胞の多くは『水』(体液)で満たされています

一方、脂肪細胞の中身は『脂』で満たされています。

 

脂肪冷却は、この違いを利用して、脂で満たされている『脂肪細胞』のみを凍らせます。

例えば、人間の脂に近い『ラード』と、人間の体液に近い『水』を

脂肪冷却と同じ−4度で冷却すると

体液に近い水は『凍らない』が、人間の脂に近いラードは『シャーベット状態』になります。

これが『脂肪細胞のみ』を凍らせるメカニズムです。

凍った脂肪は『老廃物』に変わり、汗や尿によって排出されます。

施術後は脂肪がシャリシャリした状態になりますが、体温で見た目は元に戻り、

結果として脂肪細胞自体の数を減らす為、リバウンドしづらい体になります。

アトポーシス効果

脂肪冷却には、もう1つ特徴的なメカニズムがあります。

それが『アトポーシス効果』と呼ばれるものです。

アポトーシス効果は、あらかじめ遺伝子にプログラムされている機能で

必要のなくなった細胞や、異常を起こした細胞を老廃物に変え、排出する役割をになっています。

言い換えれば『細胞のアップデート機能』と言えるでしょう。

脂肪冷却はこの『細胞のアップデート機能』を促進させて、脂肪細胞の排出(デトックス)をサポートします。

 

多細胞生物の生体内では、癌化した細胞(そのほか異常を起こした細胞)のほとんどは、

アポトーシス効果によって取り除かれ続けており、これにより、ほとんどの腫瘍の成長は未然に防がれています。

およそ500億個の細胞が毎日アポトーシス効果により老廃物に変わっていると言われています。

アトポーシス効果がなければ私たちの体は古い細胞だらけになり、

ガン細胞に浸食されてしまうわけです。

 まとめ

・脂肪冷却により『脂肪細胞』を『老廃物』に変化
・同時に『細胞のアップデート機能』(アトポーシス効果)を促進
・脂肪細胞を体外へ排出

これが脂肪冷却効果を期待できる痩身プロセスとなります。

脂肪冷却に関して少しでも『不安』や『抵抗感』が無くなって頂ければ幸いです。

『脂肪冷却専門サロンvieru』では、東京都内に2店舗を構えております。

ショッピングなどのついでに、お気軽にお立ち寄り頂ければと思います。

数千万とあるインターネット記事の中から、こうして記事を見て頂いているのも何かのご縁かもしれません。

是非このご縁を機に、当店に興味を持って頂ければ幸いです。

その他『ご不明点』『ご不安な点』などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪

関連記事

  1. 脂肪冷却とは? 〜大きな7つの効果とメリット〜

  2. ダイエットに失敗しない!? | 脂肪冷却×サプリメント…

  3. 脂肪冷却で痩せれば太らない!?『ダイエット』と『脂肪冷却』の…